ASD関連情報の集積

ASD関連情報の収集と整理。気になる部分の抜き出し。タグ付けで整理の予定。

ドイツのソフトウエアメーカー、SAPは自閉症の人々を積極的に採用しようとしている

自閉症者を積極採用―独SAPや米フレディマックの取り組み - WSJ日本版

 

ドイツのソフトウエアメーカー、SAPは自閉症の人々を積極的に採用しようとしている。それは慈善的な社会奉仕が目的ではない。同社は自閉症の人はそうでない人より特定の職に適している場合もあると考えているのだ。

 障害の専門家は、これが価値ある取り組みだと指摘する。なぜなら、自閉症を持つ成人の85%が雇用されていないとみられているからだ。

 27日の発表によると、ドイツ、インド、それにアイルランドで試験的に行われているこの取り組みは、北米の4つのオフィスでも始まる予定だ。

  SAP米国法人で自閉症プログラムの責任者を務めるホセ・ベラスコ氏によると、同社は2020年までに従業員の最大1%(約650人)を自閉症者にする計画だという。

SAPで自閉症を持つ従業員は、ソフトウエアの問題を検出したり、顧客サービスの照会を問題解決チームのメンバーに割り振ったりする仕事を受け持つ。

 ある従業員は「タレント・マーケティング」の部署で働き、従業員向けに社内通知を出している。同社は動画を制作する人を探しているが、メディア芸術の経験を持つ自閉症の候補者を検討する予定だ。

 SAPは他のポジションでも自閉症者の採用を検討している。マニュアルを作成し、ソフトウエアのインストールの仕方について、極めて厳密な指示を出すといったポジションだ。 ベラスコ氏によると、自閉症の人は他の人が無視してしまうかもしれない細かな点を無視することなく、段階を追っていくことに優れているとみている。同氏は、送り状の受理やサプライチェーンの管理といった調達手続きの分野も自閉症者が輝ける場所かもしれないと話す。

このようなプログラムを持つ企業はSAPだけではない。米国では、連邦住宅貸付抵当公社(フレディマック)が12年からIT、財務、調査部門で採用に向けインターンシップを提供している。

 フレディマックの広報担当者によると、同社は今年1月、このプログラム初となるフルタイムの従業員を採用した。ITの分野では、インターンがテストやデータモデリングの作業で、良い成果が出せることが多かった。これらの作業では細かいところに注意を払う必要があるほか、開発者が予想しなかったかもしれない見方に気を配る必要がある。

 

自閉症者の持つ関心や能力がさまざまであることは確かだ。SAPは自閉症に焦点を当てたデンマークの研修・コンサルティング会社Specialisterneと連携している。Specialisterne社は候補者を慎重に選別して面談し、候補者の適性分野を探してからSAPに送り出し、評価してもらっている。